兵庫県西宮市の平井クリニック 乳がん検診 マンモグラフィー 超音波検査 乳腺外来 泌尿器科

西宮市乳がん検診 委託医療機関
〒662-0045 兵庫県西宮市安井町5-14
夙川フロントビル2F
E-Mail   info@hiraiclinic.com
ご予約・ご相談はお気軽に Tel.0798-38-1601

女性泌尿器科

ネット受付はこちらから
HIRAI DENTAL CLINIC
医療法人社団 健生会 まりウィメンズクリニック
HOME»  女性泌尿器科

尿もれ(尿失禁)

40代をすぎると、3人に1人の女性が尿モレを経験すると言われ、日本人女性の4割を超える2000万人以上が悩まされているといわれています。

腹圧性尿失禁

せきやくしゃみをしたとき、笑ったとき、重い荷物を持ったり走ったりしたときなど、お腹に力が入ったときに尿が漏れてしまうものを腹圧性尿失禁といいます。
加齢や出産などに伴い、骨盤底筋群という尿道括約筋を含んだ筋肉が緩むためにおこります。

切迫性尿失禁

急に尿がしたくなり(尿意切迫感)、トイレに間に合わず漏れてしまうのが切迫性尿失禁です。
多くの場合、はっきりとした原因がないのに膀胱が勝手に収縮してしまうことによって起こります。

尿失禁の検査

問診や排尿日誌を数日間つけてもらうことで排尿状態や尿失禁の程度がわかります。ほとんどの場合、尿検査や腹部のエコーによる残尿量測定といった患者様の身体に負担のない検査で診断がつきます。

尿失禁の治療

軽い「腹圧性尿失禁」の場合は、「骨盤底筋体操」で尿道のまわりにある骨盤底筋群を強くすることで、症状の改善が期待できます。骨盤底筋体操では改善しない、または不十分な場合は手術適応となります。メッシュのテープを尿道の下に通してサポートするという「TVT手術」などは長期成績もかなり良好で、侵襲性が低いことも優れています。「切迫性尿失禁」の治療には、主に内服の治療薬が用いられます。
尿失禁は生命に危険を及ぼすわけではありませんが、どなたでも経験するような、日常生活に不便をきたす病気です。症状でお困りであれば、はずかしがったり、あきらめたりせずに、まずはお気軽にご相談下さい。

頻尿(過活動膀胱)

「尿が近い、尿の回数が多い」という症状を頻尿といいます。
一般的には、日中の排尿回数が8回以上の場合を頻尿といいます。しかし人により水分の取り方、活動時間など、かなり違いがありますので、回数に限らずご自分がトイレの回数でお困りであれば、頻尿といえます。

過活動膀胱

過活動膀胱とは、膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、膀胱が自分の意思とは関係なく勝手に収縮するという病気で、急に尿がしたくなる状態のことを言います。
脳梗塞・脳出血や、加齢による老化現象として膀胱の「尿をためる」・「尿を出す」というコントロールがうまくできなくなってしまうことが原因ですが、明らかな原因が不明であるとも少なくありません。
また、糖尿病、腰部椎間板ヘルニア、子宮がん・直腸がんの手術後や、膀胱炎や前立腺炎などの尿路感染、間質性膀胱炎など、様々な疾患により頻尿となってしまうことがあります。さらに、心因性頻尿といって膀胱・尿道の病気もなく、また尿量も問題ないにも関わらず、トイレのことが気になって何回もトイレに行ってしまう頻尿もあります。

頻尿の検査

まずは問診で頻尿の原因となるような基礎疾患がないか確認します。排尿日誌を数日間つけてもらうことで1日の水分量や1回の排尿量や何時に何回トイレに行くのか調べます。これに加え、尿検査や腹部のエコーによる残尿量測定といった患者様の身体に負担のない検査で診断がつきます。

頻尿の治療

おもに内服薬による治療を行います。いろいろなお薬がありますので、症状やご希望に合わせて使い分けます。
排尿日誌をつけていただくだけで、生活習慣などがご自分でわかることにより、症状が改善することもあります。

排尿時痛(膀胱炎など)

おもに膀胱内の細菌感染によって起こる「膀胱炎」が原因です。女性の場合、男性と違い尿道が短いので、比較的容易に細菌が膀胱内に入り込むうえ、排尿をがまんするような状況が加わると、侵入した細菌が増殖してしまい、膀胱炎となってしまいます。膀胱炎の症状として、排尿時痛のほかに、頻尿、残尿感なども加わることがあります。膀胱炎がひどくなると、血尿を伴ったり、腎臓にまで炎症が及ぶ【腎盂腎炎】となって、発熱や腰の痛みが起こることもあります。

排尿時痛(膀胱炎)の検査

問診による症状の確認と、尿検査でほぼ診断が可能です。症状がひどい場合や発熱を伴うような場合は、エコー検査や血液検査が必要となることもあります。

排尿時痛(膀胱炎)の治療

細菌による膀胱炎であれば、抗生剤内服による治療を行います。市販薬(漢方など)もある程度の効果は見込めますが、細菌感染には抗生剤のほうがより効果的であり、通常1~数日で治すことができます。発熱を伴うような、腎盂腎炎の場合は、数日間抗生剤の点滴を行うこともあります。


PAGE TOP