兵庫県西宮市の平井クリニック 乳がん検診 マンモグラフィー 超音波検査 乳腺外来 泌尿器科

西宮市乳がん検診 委託医療機関
〒662-0045 兵庫県西宮市安井町5-14
夙川フロントビル2F
E-Mail   info@hiraiclinic.com
ご予約・ご相談はお気軽に Tel.0798-38-1601

乳がんの治療

ネット受付はこちらから
HIRAI DENTAL CLINIC
医療法人社団 健生会 まりウィメンズクリニック
HOME»  乳がんの治療

薬による治療

最近の乳がんの治療で目覚ましい成果をもたらしたのは、薬による治療です。
薬は、どんな投与をしても体全体に行きわたります。ですから、乳房のしこりだけでなく、体のいたるところに散らばっているかもしれないがん細胞をいわば洗い流すような作用があります。
現在では、さまざまな薬ができ色々な組み合わせで用いられます。最近発展してきたのは、次の3つの項目です。

ハーセプチンこの薬は、抗がん剤と違う分子標的療法と呼ばれるものの1種です。この薬が効くのは、HER2蛋白が表現されているがんですが、この種のがんは比較的悪性度の高いと言われています。抗がん剤の様に髪の毛が抜けるような副作用がなく、最近保険適用の範囲が拡大してきております。このような治療法は今後ますます発展していくでしょう。

術前化学療法ある程度大きくなっているがんでも手術の前に、抗がん剤を用いることによって、腫瘍を縮小させる方法です。この方法によって、乳房を全摘しなければならない様な場合も、乳房の温存が可能になりました。実際にがんが全く消失してしまう場合すらあります。それでも一応手術はするのですが、採取した乳腺組織にも全く検出しない場合があります。

抗がん剤使用時の副作用の軽減昔は、抗がん剤と言えば、激しい副作用のため長期間入院しなければならない治療でした。今では、強力な吐き気止めを主体とした組み合わせによって、仕事をしながらでもできる治療となっています。

乳がんの手術

乳がんの手術はしこりの大きさによってさまざまな方法を駆使します。原則はがんを可能な限り完全に切除することです。ただし切除しないでよい部分はできるだけ温存することも必要です。

乳房温存術(乳房部分切除術)がんの大きさが3㎝以下であれば、乳房温存術ができる可能性があります。それ以上の大きさでも最近では術前化学療法を行ってしこりを小さくし、乳房温存術を可能にすることが発展しつつあります。

乳房切除術しこりが大きかったり、乳房の皮膚も侵されている場合には乳房の全体を切除します。この方法は、しだいに行われる数が減っています。

乳房の皮膚温存手術がんの大きさが3㎝以下であれば、乳房温存術ができる可能性があります。それ以上の大きさでも最近では術前化学療法を行ってしこりを小さくし、乳房温存術を可能にすることが発展しつつあります。

腋窩郭清術がんが転移している恐れのある腋のリンパ節を掃除する手術です。乳がんでは、脇のリンパ節に転移があることがあるため、腋の部分も切開してリンパ節の入っている脂肪組織を根こそぎ取ってしまう手術が必要でした。最近になって一番初めにがんが到達するリンパ節(センチネルリンパ節)を見分ける方法が開発され普及しています。

術中迅速病理検査乳がんがどこまで忍び込んでいるか、切除したセンチネルリンパ節に転移はあるのかなどは肉眼では分かりません。このため、手術中に切除した断面の標本をすばやく作り、専門医の判定に従って、必要十分なところまで手術を行います。このシステムがなければ乳房温存術はできません。

乳房再建術失われた乳房の部分を再建して、できるだけバランスのとれた胸に復元する手術です。背中または腹部の筋肉や皮下脂肪を移動させて、乳房をかたち造る方法と、シリコン製の人工的なものを埋め込む方法があります。いずれも、失われた乳房を造るのですから美容整形ではなく保険が適用されます。

麻酔、入院手術する部分が小さければ、部分麻酔で日帰り手術が可能です。全身麻酔が必要な場合は平均的に1泊2日ないし2泊3日の入院が多いようです。それ以上の希望のある場合はできるだけ対応するようにしております。

PAGE TOP